何から勉強すれば?

men's fashion

これからプログラミングの勉強を始めるとなっても、何から始めればいいかわからないという方も多いですよね。
プログラミングに関しては「言語」と呼ばれるものがたくさんあります。メジャーなものでいえばC言語やjava、phpなどがあり、マイナーなものだとrubyやpythonがあります。
これらの言語全てを覚えるのは非常に難しいので、比較的難易度が低く、参考にできる本やウェブサイトが多いものを選ぶと良いでしょう。
さらに、実際に仕事として使えるかどうかということも念頭に置けば、javaやC言語が最適だということになります。javaもC言語もたくさんあるプログラミング技術の一つにすぎませんが、しっかり極めればどこの企業求人でも働けるような強い武器になります。

javaを勉強するにはある程度の時間がかかることを覚悟しておきましょう。難易度が低いといっても、プログラミングは奥が深いので、実際にjavaが必須の求人で苦労せずに働くことができるようになるにはかなりの勉強が必要です。
ただ、javaに関しては勉強用のサイトや本がたくさんありますので、他のプログラミングに比べると簡単に勉強を始めることができます。必要なのはあきらめない根性だけなので、心を折らないように頑張りましょう。
javaを覚えるためには、実際に使用してみなければならないので、勉強する際は練習問題などがついている参考書などを利用するのがオススメです。
参考書の内容がある程度分かるようになったら、いろいろな求人でjavaを使うことができるレベルになっているはずなので、ひとまずは求人で利用できるところまでは頑張ることが大切です。
javaのスキルは日に日に高まっていく一方なので、辛い勉強でも必ず後に報われる日が来ます。その日のために頑張りましょう。