面接に受かるために

successful man

javaを使う求人に応募する際は、基本的にはプログラミングの技術で面接の合否が決まります。その求人でどの程度の技術が求められるかということにもよりますが、やはり技術が高いほど必要とされるはずです。
javaの技術を高めれば高めるほどに働ける求人の幅も広がりますので、確実に面接に受かりたい場合はしっかり自分の技術を磨いてから行きましょう。

ただ、落とし穴になりがちなのが対人スキルに関する問題です。プログラマー求人では一人で黙々と作業するイメージがあるので、人と関わるのが苦手な方がプログラマー求人を志すという話をよく聞くのですが、実際はプログラマー求人でも人と話す機会は非常に多くなっています。
javaを使うプログラミングは時に複数人のチームでの作業になりますし、会社によってはクライアントと直接話しながらプログラムの完成形をきめていくということもありますので、対人スキルは必須項目です。
javaを熱心に勉強している方はどうしてもこもりがちになりますので、時に対人スキルが低下してしまうことがあります。そうなってしまうと面接でうまく話すことができず、結果的に面接に落ちてしまう可能性もあります。
javaを使う求人に応募するときは、技術の勉強の気晴らし程度でもいいので、誰かと会話をする癖をつけておきましょう。
実家に住んでいる方なら家族と、恋人のいる方なら恋人と、周囲に誰もいない場合はコンビニ店員に世間話をするだけでもいいので、とにかく会話の習慣を付けましょう。
高い技術を持ちつつ、当たり障りない普通のコミュニケーションが取れる場合は、ほぼ確実に内定を勝ち取れるでしょう。